Table of Contents

登録有形文化財の記録:日本眞珠会舘

2022年8月〜9月に当社が全ての動画・360度写真・3Dモデルを撮影・測量を行いました日本眞珠会舘。昭和27年(1952年)に兵庫県と日本真珠輸出組合(以下「JPEA」)によって建てられ、当時の建設費は8,000万円でした。漸進的な構造で神戸市にあるフル自動式エレベーターを使う建物としては2棟目となり、オリエンタルホテルの出張レストランが2階にあるなど豪華な建物でした。

有形文化財登録の返上と解体工事が決まり、記録制作のご依頼をJPEAよりいただきました。

「日本眞珠会館」バーチャルツアーについて

建築物記録としてのバーチャルツアー

当社の制作は、炭鉱そのまま残っている地下のボイラ室から、浜風を感じる2階のさわやか中庭、片肘の椅子など、当時の建築主「光安義光氏」の建築・設計上の工夫と思いを動画で残し、光安氏の息子様にあたる光安義博氏のインタビューによる解説とマーターポート社のクラウド上ソフトや3Dカメラで建物の構造をご覧になれます。

人の記録としてのバーチャルツアー

建物の他に、3Dモデル内のエレベーターを使い、4階に上がりますと、吹き出しをクリックして、1950年代以来恒例の真珠入札会をポップアップのバーチャルツアーでご覧になれます。海外のバイヤーさんと神戸市内の真珠加工業者の様子を動画と360度写真で見ていただき、70年間余り建物で行われた真珠入札会が如実に記録されています。この記録は一眼レフによる360度写真と3DVistaの制作ツールを基盤に動画を挿入しています。

歴史の記録としてのバーチャルツアー

また、1階には真珠輸出組合の歴史と真珠加工業の手法を記録する「KOBEパールミュージアム」が記録されており、真珠加工業者がご提供した写真や文章を確認できます。

日本眞珠会館バーチャルツアー関連リンク

バーチャルツアーはJPEAのウェブページは下記のリンクでご覧になります。

 

https://japan-pearl.com/

 

日本眞珠会舘の3Dバーチャルツアーは下記です。

 

https://walkthrough.meidansha-co.com/

 

日本眞珠会舘で行われた最終真珠入札会のバーチャルツアーはこちらです。

 

https://virtualtour.productions/