fbpx

明段舎株式会社

マターポート3D撮影
バーチャルツアー制作
デジタルツイン作成

空間のXRは明段舎
リアルな物体や空間の映像に形を与え、デジタルツインやバーチャルツアーで人々の生活に役立てます

サービス

マターポート
3D撮影

VRカメラで撮影し、マーターポート社のシステムを利用して、複数のHDR・16K・360°写真と赤外線やLiDARセンサーが測量したデータで一つの3Dモデルを制作します。まさに空間のXR!
スマホ・パソコンやVRゴーグルで、まるでその場にいるかのような体験ができます。下記のリンクでマーターポート・ウォークスルー事例・機能やマーターポート撮影料金をチェック!

マターポート3D撮影サービス

バーチャルツアー
制作

バーチャルツアーとは、ストーリー性とインタラクティブ性に富んだVR制作です。当社が採用するバーチャルツアーのパノラマ写真は7枚露出HDR・30K・360度写真です。高品質な環境音や4K動画も採用しています。
作成方法は様々ですが、バーチャルツアー作成ソフトでメディアを組み合わせて、ホットスポットという埋め込み情報項目に様々なコンテンツをリンク、スポットに動画を埋め込むなど、撮影環境に囚われない統合的コンテンツです。オンライン見学や美術館のオンライン紹介に最適です。

プロフェショナル・バーチャルツアー制作

デジタルツイン
作成

製造業や建設業クライアント様向けの点群データは実際にあるものを実際の寸法や状態を正確に再現します。
3Dレーザースキャナーが記録する点群データによって、複数下請けの工事業者が簡単に現場調査ができます。出来上がった点群データをAUTODESK系ソフトREVITにインポートできるBIMモデル・展開図・平面図を作成します。製造業における機械の配置変更にも便利なサービスです。メタバース制作の土台としても使えます。

デジタルツイン作成サービス

商品回転撮影

アマゾンでおなじみのくるくる回せる商品の画像をようやくマーターポート・ウォークスルーやバーチャルツアーに埋め込めるようになりました!
一般のユーザーの訴求力とバーチャルツアー・ECサイト滞在時間を高めるための最適なツールとして当社が採用している、最先端のWEB/ECサイト向け商品360度コンテンツです。

商品回転撮影サービス

ユースケース

住宅展示場
マターポート撮影

旭化成ホームズ
HEBEL HAUS 住宅展示場
360度パノラマ・マーターポート・ウォークスルーの得意のオンラインモデルハウス

住宅展示場マターポート事例

建設現場
マターポート撮影

平城宮跡歴史公園
第一次大極殿院南門復元整備工事
360度パノラマ・マーターポート・ウォークスルーで再現しました。

建設現場のマターポート撮影事例

実績

実績一覧

当社のこれまでのバーチャルツアー事例・マーターポート事例を
地域・カテゴリ別でご覧いただけます。
秋田県・栃木県・群馬県・千葉県・東京都・静岡県・愛知県・滋賀県・
京都府・大阪府・徳島県・岡山県・広島県・鹿児島県・全国
マーターポート・バーチャルツアー作成、空間のXRの実績を
ぜひご覧ください!

バーチャルツアー例

ブログ

マターポートとコースターのロゴ

Matterport経営陣が不動産検索大手「CoStar inc.」の買収案に合意

Table of Contents 「Matterport」がCoStar inc.に買収される合意 今回の投稿は特別な画像やバーチャルツアー紹介などではありません。 当社が使っている3D生成ソフトの会社の近々ニュースです。 4月22日に「Matterport」の経営者が同じく米国の会社「CoStar inc.」の買収提案を受け入れる方針を表明し、実質買収する合意を結んだことを発表しました。 株価の220%でプレミアム付きで買収 買収が発表するまで株価は長く低迷していました。発表前日の株価が$1.70台に付いていたのですが、株式公開当時$12台だった2021年2月と比較して悲惨な状況でした。 それでも、CoStarは現金と自社株式交換合わせて$5.50を提供するなど、なんと220%のプレミアムで買われます。 合意はMatterportの株主総会や米国SECの承認待ちですが、近年のMatterportの株価からしておそらくスムーズに承認されるのではないかと思います。 CoStar inc.とは? CoStarは米国やヨーロッパにおいて不動産の売り物件やリース・賃貸物件などのオンライン市場を行っている会社です。これまで10年Matterportを使って300,000件のバーチャルツアーを展開しています。CoStarによるとMatterportのバーチャルツアーがある物件はバーチャルツアーがないものと比べて20%長く見られることが統計で分かるとことです。 これはやはり高く払ってでもMatterportを買いたいなわけですね。 下記はGoogle翻訳した5月22日のCoStarのプレスリリースの一部です。 「CoStar Groupは、apartments.com、LoopNet、CoStar、Homes.comなど、世界で最も効果的で広く認知されている不動産情報ソリューションとオンライン不動産マーケットプレイスを運営しており、これらはすべてMatterportの3Dバーチャルツアーを特徴としています。CoStar...
大学の教室の3D内見写真

学校の3Dバーチャルツアー: 教育体験の革新と利便性向上

学校(義務教育施設から大学まで)の3Dバーチャルツアーは、学校関係者に利便性を提供。ウェブセッションの増加、全国各地からのデジタルオープンキャンパス体験、緊急時の安全計画、イベント設営や改修工事のプラン設計、インタラクション、3Dマップ活用などの特長があります。体の不自由な方や支援が必要な方にもサポート提供。この投稿では、バーチャルツアーやデジタルツインが学校の関係者にとっての利便性を考察します。 Table of Contents 全国各地からデジタルオープンキャンパス体験 全国どこからでも、どのデバイスからでも、3Dバーチャルツアーにクラウドリンクでアクセスでき、実際にその場にいるような没入感で、スクールライフをイメージし、オープンキャンパスを体験することができます。 – 入学を検討している学生や保護者は限られた時間の中で、どの学校を見学するのかを決めます。事前に3Dバーチャルツアーで見学できるかどうかは、実際に足を運びオープンキャンパスに参加するかどうかの重要な判断材料となると同時に、オープンキャンパスの参加率と参加者の満足度が上がりやすくなります。また、オープンキャンパス参加後でも、再度自宅から気になった場所の確認をすることができ、納得して入学していただける決め手の一つとなります。 ウェブページのセッション時間の増加 3Dバーチャルツアーを掲載した学校や大学のウェブページコンテンツは、これまでの調査でセッション時間が特に長いことがわかっています。一般的な動画コンテンツを掲載したページと比較し、セッション時間は約2〜3倍です(3Dバーチャルツアーのセッション時間は平均4分25秒。当社調べ)。 イベント設営や改修工事のプラン設計 文化祭や体育祭などのイベント時の設営や改修工事の設計などを効率的かつ簡単に計画できます。例えば、新しい設備や機器の搬入計画や、改修・修繕計画のための補足資料として活用するなど、業務上の効率を上げるメリットが多数あります。 緊急時の安全計画 緊急事態時には、リンクを使って施設内の場所を共有できます。平面図の情報だけではなく、天井の高さなどを含めた立体図で把握できるため、避難計画や避難経路などを考える際に役立ちます。消防訓練時にも便利です。 インタラクション 投票やアンケート機能を使って学生の意見を調査したり、地図、そしてオンライン試験まで3Dバーチャル ツアー内のデジタル吹き出しにリンクすることができます。バーチャルツアー公開後でも変更可能なため、学校の公開データを常に最新の状態に更新できます。 3Dマップとして活用 3DバーチャルツアーはQRコードで簡単にアクセスできます。当社が使用する3Dバーチャルツアーには位置関係のデータがURLに含まれているため、デジタル座標をURLに入力することで学校内のどの場所も瞬時に表示することができます。学校内の看板や掲示などに、現在地から始まる3Dバーチャルツアーを簡単に掲載することができます。 体の不自由な方や支援が必要な方の訪問をサポート...
近畿XR企業と創る未来社会

「近畿XR企業と創る未来社会~EXPO2025を見据えて~」に参加

「近畿XR企業と創る未来社会~EXPO2025を見据えて~」に参加 3月5日、明段舎株式会社は近畿経済産業局・大阪商工会議所・KDDI株式会社・株式会社島精機他がスポンサーするXR/メタバース体験型ネットワーキングセミナー「近畿XR企業と創る未来社会~EXPO2025を見据えて~」に出展します。 当社のAR展示が他近畿圏内の有望なメタバースやデジタルツイン企業(合計28社)の展示と並びます。 以下、近畿産業局のプレスリリースより: 「企業のDX 化や新サービス開発を実現する XR 、メタバース、デジタルツイン。同分野に関連する制作技術を有する近畿圏内の企業が一堂に集結し、来場者が体験できる展示ショーケースやプレゼンテーションを通じてその技術を紹介します。XR/メタバース産業の動向や、大阪・関西万博を見据えたバーチャル万博の現状等の紹介を行うカンファレンスも開催。大阪・関西から始まるXR の未来をともに考えるイベントです。」 イベントは3月5日13:00~17:00に大阪工業大学内の「都心型オープンイノベーション拠点『Xport』 」にて行われます。」 近畿経済産業局のランディングページはこちら...
ブログ

明段舎とは。。

明段舎のコンセプト、目指すところ、未来像

Concept:「『つながるデジタル空間』:AR・IoTデータ・シミュレーションを駆使したWebコンテンツで、人々の生活に役立てるデジタルツイン空間」

Concept: “‘Connected Digital Spaces’: Digital twin spaces that utilize AR, IoT data, and simulations in web content to contribute to people’s lives.”

目指すところ:「リアルな物体や空間の映像に形を与え、デジタルツイン技術で当社は新たなデジタル時代の架け橋となる。」

Our Mission: “We will give form to the imagery of real objects and spaces. Through digital twin technology, our company aims to bridge a new digital era.”

未来像:「Webとリアルの垣根のない未来を実現」

Our Vision for the Future: “Realizing a future without barriers between the web and the real world.”

明段舎が提供するソリューション

明段舎株式会社は多種多様なマーターポート事例・バーチャルツアー制作事例の作成経験を持ち、個人事業として創業した2018年より、マーターポート社が当時を運営していたMSPMatterport Service Partner)プログラムでMSPの資格を得られ、大阪市から全国で250件以上の制作実績を残しております。マーターポート以外の作成プラットフォームでデジタルツイン・メタバース空間の実績もございます。

当社が採用しているデジタルツインバーチャルツアーの作り方はさまざまございます。

デジタルツインにおいてはMatterport Pro2Leica BLK 360 G1LiDAR(レーザースキャナー)カメラやドローン(国家免許無人航空機操縦士二等目視内・昼間限定変更保有者あり)の高解像度の動画で、簡易なクラウド上のマーターポート・ウォークスルーから、3Dデータが正確で高精度なAUTODESK用のデジタルツインやBIM・CADデータまで作成しております。

バーチャルツアーにおいては、動きがある対象物や光と影の差が激しい環境において、一眼レフを使って作成する30K・360度HDRパノラマ写真をマーターポートクラウドに導入し、3D化します。また、当社が制作する動画と組み合わせて、より没入感のあるオンラインツアーを制作しています。

商品もバーチャルツアー・デジタルツインに埋め込みができるよう、回転できる商品写真や3Dスキャナーを使った「物」の画像制作を導入しました。これらの商品を撮影・測量して、デジタルツイン空間やバーチャルツアーに埋め込みができ、決済機能の挿入する制作も行っております。

 

ユーザー企業様向けのソリューション

明段舎は制作を依頼する企業様向けにオンリーワンでカスタマイズ機能が多いバーチャルツアー制作から、パッケージ化したサービスまで行っております。詳しくは、無料オンライン相談でバーチャルツアー制作費用・マーターポート撮影料金とシミュレーションを説明します。

 

導入企業様向けのソリューション

内製化を考えている企業様向けに、バーチャルツアー作成ソフトでのバーチャルツアー作り方やデジタルツインの測量を検討している企業様向けに講習も行っております。「オンライン相談」でお問合せのご予約ください。

 

制作者様向けのソリューション

同業他社の制作会社様向けに、明段舎はMPEmbed社(カナダ)の国内排他的な代理店として、国内ヘルプデスクを立ち上げています。直接カナダ本社にカスタマイズの依頼や制作会社様のMPEmbedアカウントにてのサポート業務を行っております(MPEmbedの有料アカウントを持っているMSP様限定です。MPEmbedの問い合わせは「japan@mpembed.com」までご連絡ください)。

会社概要

社名

明段舎株式会社

登記簿住所

〒530-0043

大阪府大阪市北区天満2丁目7-11

所在地

事務所

〒534-0012

連絡先

info@meidansha-co.com

代表取締役

ブラウン・ダニエルジョン(英字:Daniel Brown)

資本金

200万円(令和5年11月末)

役員・従業員数

1名

取引銀行

三菱UFJ銀行(京都支店)
日本政策金融公庫(大阪支店)

取引先企業

設立年月

令和元年12月

所属団体

事業内容

  1. 先進情報技術及びインターネットに関する総合コンサルティング。
  2. 施設・物件等の屋内外のウォークスルー撮影を通した、VR、AR 及び CG コンテンツを含むデジタルコンテンツ並びにアプリの企画、設計、開発、制作、配信及び販売。
  3. 物体、建造物、商品、美術品及び施設・物件のウォークアラウンド撮影を通した2Dコンテンツ/デジタルアーカイブの制作、配信、及び販売。
  4. 360度映像を含む映像の制作。
  5. ウェブサイトの企画、設計、開発、制作、配信及び販売。