Digital Twins-点群撮影

デジタルツイン撮影

Leica BLK 360 イメージングレーザースキャナー

Leica BLK 360 スキャニングカメラで屋内外を撮影し、パノラマ画像を、高精度の点群データに重ね合わせ、周囲の風景をキャプチャします。それにより、以下のデータを取得することが可能です。

  • 高解像度パノラマ画像(HDR設定、サーマル画像取得可)

  • 高精度点群データ

用途

主に建設現場のプロジェクトや中規模又は大規模施設において、多様なデータを取得するツールとして活用できます。

  • 既存の構造物や空間の測量

  • 現状把握

  • 設備搬入や移設前の干渉チェック

  • 設計図の作成(点群データをREVITで読める形式に変換・図面作依頼)

  • 地形データの取得

  • 複雑な形状をした設備データの取得(電気・水道設備の現状把握)

など…

取得した正確な点群データ・パノラマ画像を組み合わせた3D空間より様々なデータを把握でき、これまでかかっていた作業コストやプロセスが大幅に効率化できます。

当社はその撮影代行としてデジタルツイン撮影を行っております。

詳しくは、LEICAジオシステムの公式情報をご覧ください

AUTODESKとの連携

撮影したスキャンデータはLGSファイル形式または RCP ファイル形式で抽出され、納品致します。このファイル形式を読み込むためには、Autodesk社のアプリ(RECAP Pro、AUTOCAD、REVIT等)が推奨されます。

 

流れ

・お問い合わせ

個人のお客様から企業様まで不明な点などあればお気軽にお問い合わせ下さい!

・見積り

お見積りの際に、撮影空間や撮影環境についての情報があればお伝えください。

・作業

実際の現場にて撮影を行います。

※撮影前後の清掃・片付けはお客様にてお願いしております。

※撮影場所によっては事前に下見を行う可能性があります。

・納品

実際の納品物はURL、または、LGS、RCPファイルになります。見積り打ち合わせ時に要相談。